日焼けの対処法

U-in上條です🎵

前回に引き続き日焼けについて

ご紹介します!

今日は日焼けをしてしまっての対処法です!

日焼けをしてしまったら

1番に冷やすこと

そのあと保湿をしっかりすることが重要です!

● 冷やす

日焼けとは、肌のやけど状態です!

まずはその炎症を抑えることからはじめましょう。

ほてっている部分や赤くなっている部分を

冷たい水で濡らしたタオルやシャワーなどを

あてて冷やします。

水風呂に入るのも有効ですが、温度が低すぎたり

長時間つかったりすると、身体を冷やしすぎて

しまうおそれがあるので、注意してください。

また、保冷剤やビニール袋に入れた氷を

タオルに包んであてるのもおすすめです。

●保湿

肌の状態によって、最適な処置をしましょう!

ヒリヒリと痛む場合

ヒリヒリと痛む場合は、普段の化粧水は使わずに、ワセリンなどの軟膏を塗るようにしましょう。

もし肌の状態がひどく、水疱ができているような場合は、皮膚科で副腎皮質ホルモンが配合されたクリームを処方してもらい、患部に塗るようにしてください。

ほてりのある場合

肌のほてりが冷めてきたら、化粧水をたっぷりつけて保湿をしましょう。日焼けした肌は水分不足なので、顔にも身体にも、いつもより多めにつけてください。

また、できるだけ肌に刺激の少ない(敏感肌用の)化粧水を使うようにしましょう。顔の場合は特に、美白化粧水やアルコールが入っているものだと、日焼けの度合いによっては、しみてしまうことがあります。

日焼けの後は、美白を取り戻すことよりも、肌に負担をかけないスキンケアを優先しましょう。同様に、シートマスクも日焼け直後の肌には負担となるため、使用しないようにしてください。

化粧水をつけるときのポイント

化粧水をつける時は、コットンは使わずに手のひらでパッティングするようにしてください。普段はコットンでも手でも構いませんが、日焼けした肌は弱っている状態なので、コットンの繊維によるダメージを受けやすいのです。

ちなみに、化粧水をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくと、水分補給と同様に、再度肌を冷やすことができます。

一方、ニキビ用の収れん化粧水や、ふき取り化粧水を使用する際は、手の雑菌がつくことを避けたいので必ずコットンを使いましょう。やさしくクルクルとパッティングしてあげることで、肌表面の凹凸に左右されることなく、化粧水をまんべんなく浸透させることができます。

カラダの内側からもアフターケア!摂っておきたい食べ物は?

日焼けした肌には、特にビタミンC、ビタミンE、βカロチン、たんぱく質、亜鉛などが有効です。

肌の新陳代謝をうながし、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を活性化し、シミやシワの原因となる活性酸素を押さえる抗酸化作用が期待できるからです。

日焼けに効果のある食材はコレ!

たとえばビタミンCであれば、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や、トマト、パプリカ、アセロラなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンEは、アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類などに、βカロチンはニンジンやカボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜が豊富な食材として挙げられます。

 

もし、日焼けをしてしまっても

上記の対処法を参考にしてみてください!

ブログ一覧ページへ

ページトップへ

初回おためし予約・Web予約はこちら